越谷|匠歯科クリニックTEL

歯がしみる、歯が痛い|越谷の虫歯治療なら 匠歯科クリニック

越谷の歯医者匠歯科クリニック
越谷|一般歯科
越谷|矯正歯科
越谷|小児歯科
越谷|歯周内科
越谷|審美歯科
越谷|ホワイトニング
越谷|インプラント
越谷|エアーザー治療
  

一般歯科


歯がしみる歯が痛い
 歯がしみる、歯が痛い

  歯に冷たいものがしみる場合

この場合、知覚過敏または虫歯が疑われます。知覚過敏は歯ぎしりなどによる悪習癖により、歯と歯茎の境目に負担がかかり、削れてしみるようになったり、歯磨きが強すぎることで歯ぐきが下がったり歯が削れたりすると起きます。
また、虫歯であれば、ある程度は大きいことが多いため、虫歯の部分を削って部分的に詰めるといった処置で治すことができることが多いです。どちらの場合においても判断が難しいため、一度見てもらったほうがいいと思われます。

  治療した歯が、痛くなった

この場合で考えられるのは、虫歯そのものが大きく、元々歯の神経に近いところまで進行していた場合は、神経までの距離が近いために、しみたり、痛みが出やすかったりします。また、むし歯治療などで歯を削るときの刺激や熱により神経にダメージを与え、興奮させてしまうことがあり、2〜3週間ほどしみたりすることはあります。または詰めたもののかみ合わせが高くて 痛みが出ることがありますので、そういった場合は詰めたもののかみ合わせを調整したら改善していきます。しかしあまりに痛みが強かったり、しみたりすることが長く続いた場合は、痛みを我慢してもらってまで歯の神経を残すまでは無いため、歯の神経をとって根っこの治療が必要になります。 

  ズキズキと強い痛みを感じる

この場合は、虫歯が深く、神経まで達している可能性が高く、神経をとって根っこの治療が必要となることが多い。
 

  痛みを軽減するやさしい歯科治療

 
「痛いのが嫌で、歯医者には行きたくない・・・」治療が必要とは分かっていても、痛いのが嫌だという理由で、つい先延ばしにしている方も多いのではないでしょうか。しかし、残念ながら虫歯は放っておいても絶対によくなりません。放っておくと、残せたはずの歯を失うという、最悪の結果にもつながります。もちろん、定期的に来院していただいて予防することが痛い思いをしないですむ一番の方法ですが、悪くなった場合は治療が必要となります。当然、治療するなら痛くない方がいいですよね。どんなに腕の良い歯科医師でも痛みを防げないケースは多々ありますしかし、匠歯科クリニックでは患者さんに安心して通っていただくために、できるだけ痛くない治療を行うために、色々な工夫をしています。たとえば、歯科の治療は「麻酔の痛さを乗り越えると後は大丈夫だ」といわれる方が多いです。まさにそのとおりなのですが、麻酔というと歯茎(はぐき)に注射をする痛そうなイメージがあると思います。麻酔の段階から出来るだけ痛みを感じないよう注射をする前に表面麻酔を使用するようにしています。このことでチクッとした痛みを少なくすることができます。
 

やさしい治療

越谷駅徒歩5分  匠歯科クリニックに通院されている患者様が多い地域


越谷市周辺、越谷駅西口、越谷駅東口、宮本町、赤山町、越谷本町、谷中町、東越谷、大沢、瓦曽根、花田、他多数から来院されています。

HOME | 治療案内 | 一般歯科|匠歯科クリニック