越谷|匠歯科クリニックTEL

歯が抜けた。インプラント・入れ歯|越谷のインプラントなら 匠歯科クリニック

越谷の歯医者匠歯科クリニック
越谷|一般歯科
越谷|矯正歯科
越谷|小児歯科
越谷|歯周内科
越谷|審美歯科
越谷|ホワイトニング
越谷|インプラント
越谷|エアーザー治療
  

インプラント・入れ歯


入れ歯インプラント
 歯がないままで大丈夫?

  歯がない状態で今まで過ごしていたかたは?

抜けたままにしておくと…
 

歯がない部分とかみ合う歯が出てきてしまう

隣りの歯が、歯がないところに倒れてくる

このことによって、かみ合わせが悪くなっていきます。こうなってしまうと、元の状態に戻すことが大変になります。かみ合わせが悪いままだと、かみ合わせが 強く当たる歯に負担が多くかかり、やがてその歯がダメになってしまいます。その負の連鎖によって、徐々に歯がなくなってしまうのです。そうならないため に、歯が無くなってしまうことになったら、早めに対処する必要があります。 

  歯が抜けた時の治療法

 
 
 
 
 
 
歯が抜けた時の治療法としてどんな方法があるのでしょうか?

入れ歯

取り外し可能な治療法。

入れ歯

【メリット】


早期かつ安価にできる
 
【デメリット】


違和感があり、慣れるまで時間がかかる
次第に合わなくな· ってくるため調整が必要
天然歯の3分の1くらいでしか噛めない
見た目に入れ歯とわかりやすい

メンテナンス:月1回〜2ヶ月に1回


専門の歯科衛生士の指導のもと、歯のお手入れを行います。治療ではなく「お手入れ」で歯を保たせるメソットです。義歯は特に噛み合わせがずれることがあるので、定期的な管理が必要です。

全ての治療に言えますが「咬み合わせ」は治療を進めていく上でしっかりと調整していかなければなりません。咬み合わせが悪いと、入れ歯が早期にダメ になってしまったり、痛みの原因となります。また、最近では咬み合わせの悪さは「不定愁訴」と呼ばれる原因のわからない「頭痛・肩こり・腰痛・眩暈」など にも関係しているとも言われています。当院ではすべての治療工程で「咬み合わせ」を常に意識した治療を行っています。
 

噛み合わせ調整

 
入れ歯制作の最終工程で「試適」というステップがあります。これは、入れ歯が患者様のお口に合うかどうか、咬み合わせは正しいか、しっかり噛めるのか、痛みはないかなどを、入れ歯を実際にお口に入れてテストする工程です。
 オーダーメイドの服を作る際、寸法を測り作り込みます。その後、出来上がったものを試着し、再度調整する流れを踏むと思うのですが、これと同じことです。この試適の段階では、ドクター目線で問題を見つけ修正し、そして患者様の感想を聞いて修正する作業を何度でも繰り返します。とにかく「おいしく食事を食べて頂きたい」「毎日の生活をストレスなく過ごして頂きたい」というのが当院の患者様に対する思いです。

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削って被せる治療法。

ブリッジ

【メリット】


噛み心地が良い
保険適用が可能
違和感が少ない
 
【デメリット】


両隣の健康な歯であっても、大きく削ることが必要
支えとする歯に大きな負担をかけるため、いずれ失うことになる可能性が高い
両隣に歯があることが必要

メンテナンス:月1回〜2ヶ月に1回


専門の歯科衛生士の指導のもと、歯のお手入れを行います。治療ではなく「お手入れ」で歯を保たせるメソットです。義歯は特に噛み合わせがずれることがあるので、定期的な管理が必要です。

両隣の歯を削って治療を行うブリッジは、残っている自分の歯を橋桁(はしげた)として使うわけですから、橋桁となる歯が丈夫であることが条件です。そして、その位置も大事な要素になります。きちんとかぶせられた物は、ほとんど元の自分の歯のように使えます。
 

ブリッジ治療のポイント

 
ブリッジは、3本以上の人工歯がつながっていて「一つのかたまり」になっています。法律で、 「一カ所でも保険が適用されない治療法や材料を使うと、すべて自由診療になる」「保険診療と自由診療を混在させるのは禁止」と決まっています。そのため、「1本分だけ自由診療の歯で、他の歯は保険診療でやる」ことはルール上できません。保険治療は材質や構造、治療可能部位が限られます。「見える 部分はきれいにしたい、色が変わっていくのは嫌、入れ歯にはしたくない」などというご希望の方のブリッジはつながっていればすべて自由診療となります。

インプラント

歯を失った顎の骨に人工歯根を埋め込み、歯を被せる治療法。

インプラント

【メリット】


しっかり噛める感覚が取り戻せる
1本で固定できるため周囲の歯へ負担がかからない
見た目に天然歯と遜色ない美しさが実現する
他の残存歯に余計な負担がかからないため、ほかの天然歯が長持ちする
 
【デメリット】


保険適用されないため自費診療となる
外科手術が必要なため、慢性疾患などを理由に治療が受けられないことがある
元々の骨がないと出来ないことがある

メンテナンス:月1回〜2ヶ月に1回


専門の歯科衛生士の指導のもと、歯のお手入れを行います。治療ではなく「お手入れ」で歯を保たせるメソットです。義歯は特に噛み合わせがずれることがあるので定期的な管理が必要です。

歯科でのインプラントとは人工歯根のことを指します。ねじ状のインプラント体と、上部に装着する人工歯、それを繋ぐアバットメントの3つの部位で構成され ています。顎の骨に埋め込むインプラント体には、生体親和性の高い金属チタンが使われ、顎の骨としっかり結合します。そのため、まるで自分の歯のような咬 み心地が手に入るのです。上部に装着する人工歯には、セラミック製の美しいものを使用し、まるで天然歯のような自然な見た目が再現されます。
 

まずはご相談を

 
インプラントをするかしないか、という決断は説明を聞いてじっくり考えた後で結構です。当院が大切にしている事は、患者様にとってインプラントが最適であるかどうかという事です。将来的にできるだけ自分の歯を残すことを考えればインプラントが最適ですが、インプラント1本でも数万〜、何本も歯を失っている場合では、インプラントもそ の分埋め込む本数が増えます。また、患者様のお口の状態や全身疾患の有無などによっては治療ができない場合もあります。ご不安な点やご不明な点に関して は、ご納得頂けるまでご説明させて頂きますので、ご遠慮なくご相談してください。

このように、補綴治療にはそれぞれ長所と短所があります。口の中の状態、健康状態によっても、適した治療が異なってきますので、一度ご相談ください。

越谷駅徒歩5分  匠歯科クリニックに通院されている患者様が多い地域


越谷市周辺、越谷駅西口、越谷駅東口、宮本町、赤山町、越谷本町、谷中町、東越谷、大沢、瓦曽根、花田、他多数から来院されています。

HOME | 治療案内 | インプラント|匠歯科クリニック